FC2ブログ
茶道に関する用語などを分類別に解説しています。用語は順次増やしていきます。
茶道に関する用語などを分類別に解説しています。用語は順次増やしていきます。

礼賓三島(らいひんみしま)

礼賓三島とは、見込みに礼賓の象嵌文字のあるもので、平茶碗が多い。礼賓執用銘のもある。これはもと礼賓寺という、外国の賓客を接待する李朝時代の役所の調度品で、上手ものが多い。

 釉もきれいで、俗に礼賓釉というくらいです。礼賓銘がなくても、この手の上手の三島は、時に礼賓手と呼んでいます。

スポンサーサイト




曜変(ようへん)

曜変というのは、内部の漆黒の釉面に結晶による大小さまざまの斑紋が群をなして一面に現れ、その周りが瑠璃色の美しい光彩を放っているものを指して呼んでいます。

 曜変の名は茶人が付けたものといわれ、窯変からきています。その遺品は極めてまれで、しかも日本を除いて本場の中国にも欧米にも、世界中のどこにもない貴重なものといわれています。我が国でも淀の城主稲葉家伝来の稲葉天目や、京都大徳寺竜光院の曜変など、わずかに数点が伝えられているだけです。


油滴(ゆてき)

油滴(ゆてき)は曜変(ようへん)に次いで貴ばれています。これは内外の黒い釉面に銀白色の結晶が大小さまざまの斑点になって一面に出ているもので、この現象は釉が溶けた時に煮え出た泡が、表面に浮かんで破れた後に結晶が残ったものです。油滴の名も曜変と同じように日本で茶人が付けたもので、その状態があたかも水面に油の滴を点々と垂らしたようなのでこう呼ばれるようになりました。銀色の油滴はまた、星のようなので星天目とも呼ばれています。なお中国では滴珠と呼ばれています。

 油滴は遺品が少ないですが、それでも曜変にくらべるといくらか多いし、日本以外にもあるようです。また曜変は建盞(けんさん)にしか見られませんが、油滴の方は建窯だけではなく、華北の諸窯でも出来ています。有名なものに竜光院の油滴があります。


美濃伊賀(みのいが)

元屋敷窯(織部の項参照)に限って焼かれたものに美濃伊賀があります。これはいわゆる古伊賀に似たもので、一名伊賀織部とも言われています。花入れと水指しでは、一部に飴釉や白泥をかけて景色にしています。


斑唐津(まだらからつ)

斑唐津も唐津の大きな特色の一つであるが、これには二手がある。従来茶人に斑唐津と呼ばれているのは、沓茶碗やウロコ(三角)口割高台の沓鉢で、飴釉と白ナマコの美しく片身替わりに掛分けになったもので、素地は粗く軟らかい。沓鉢の胴にはヘラ彫りがあり、高台内に王字の印がある。一種の形物とみられるが、数の少ないもので古来茶人に珍重されている。王字印の手は、あるいは萩かとも近年言われている。
いま一つは近年唐津研究家の間で斑唐津と命名されたもので、これは白ナマコだけで、岸岳の帆柱・皿屋・山瀬などのものである。この手は雑記の生まれで、茶碗やぐい呑みに見立てられている。ことに帆柱のぐい呑みは有名である。帆柱の素地は粗い砂土で堅くて特色がある。

万古焼(ばんこやき)

三重県の焼き物で、元文(1736~41)年間頃桑名の豪商、沼波弄山(ろうざん)(1718~77)が近郊の小向(おふけ)で創業したのが始まりといわれています。「万古」「万古不易」の印を用いたことからこう呼ばれています。「古万古」は茶器類が多く、とくにさらさ模様などの赤絵が名高いようです。後に弄山が江戸で焼いたものを「江戸万古」といいます。

 1831年桑名の森有節が小向釜を再興し、煎茶器・酒器を焼き「再興万古」と称しました。その後55年、竹川竹斎が弄山の遺法を継いで飯南郡射和(いさわ)村の邸内で「射和万古」を焼きました。



刷毛目(はけめ)

高麗名物写し 刷毛目茶碗

白泥の刷毛目によってこの名があります。この刷毛目は白化粧の簡略されたもので、はなはだ素朴ながら一種の装飾であり、文様効果もあげていますが、この種の茶碗では、この刷毛目の味は作行きと並んで大事に見所になっています。

 三島手と同じく、李朝初期から中期にかけて南朝鮮一帯で焼かれたようで、作風の上でも共通点が多くあります。鶏竜山では三島手と一緒に焼けていて、ほぼ発達の年代を同じくしたことが分かります。

 素地に白泥を化粧がけするやり方は、高麗末期からすでに行われていたようで、扁壺や徳利のいわゆる掻き落とし手がそれですが、刷毛目の手法もその流れを汲むもので、白化粧が李朝になって量産する上でその手間を省くようになり、簡便な装飾法として生まれたのが刷毛目です。


萩焼(はぎやき)

萩 井戸茶碗

萩焼は、毛利輝元が慶長9年(1604)広島から萩に移封された時に、萩の松本の中の倉に、朝鮮役で連れ帰った李勺光(シャムカン)・李敬(初代)兄弟に開かせたものが始まりです。これを松本萩といいます。李敬はその後、坂高麗左衛門(さかこうらいざえもん)を名のり、この名が代々継がれております。この坂窯と並んで、寛文年間に毛利藩の御用窯となった三輪窯も有名です。尚、10代休和(昭和56年没)は人間国宝でした。

 勺光の孫、山村平四郎光俊の代になって萩の松本から、湯本温泉に近い深川三(そう)の瀬に移り開窯したのが深川萩(山口県長門市)です。この深川萩も御用窯で、現在では坂倉新兵衛(さかくらしんべえ)・坂田泥華(さかたでいか)・田原陶兵衛(たはらとうべえ)・新庄助右衛門(しんじょうすけえもん)の四窯があります。12代新兵衛は、人間国宝でした。

 萩焼は朝鮮茶碗の流れをくみ、貫入のある白い長石釉が主体で、高台に切れ目を入れた割高台・切高台などが特徴です。


禾目天目(のぎめてんもく)

禾目(のぎめ)天目というのも建盞(けんさん)の一種で、紺黒の地に柿色の細い線条が、あるいは柿色の地に細い黒線が、口辺から内外にかけて禾目状に無数に流下しているものをいいます。

 中国ではこの禾目の釉紋を兎毛に見立てて、兎毫盞(とごうさん)と呼んでいますが、これも曜変や油滴と同じように火の加減で生じたものです。なにも釉紋のない普通の建盞を、只天目といっていますが、これに次いで多いのはこの禾目天目です。釉面に禾目の出るのは、建盞だけの特色です。


仁清(にんせい)

竜谷窯 平茶碗仁清写「波絵」

仁清の作はもっぱら茶道具や懐石道具で、素地は黒谷の白い上土を使い、釉にも主に茶入に用いた瀬戸風の錆釉もあれば、色絵の際の仁清独特といわれる、半透明のやわらかい白釉(俗に仁清釉という)もあります。信楽風の素焼きのいわゆる仁清信楽も特色の一つですが、唐津風のものもあり、また御本や高麗茶碗を写した作もあります。絵付けには錆絵や呉須絵があります。

 しかし仁清の名を最も高めているのは優美な色絵(錦手)で、これを宮方茶人の庇護のもとでよく大成したのは仁清の功績で、京焼きの大きな特色である錦手を確立した意味から、彼を京焼色絵の祖と言っても過言ではありません。

 仁清の絵付けの描法は狩野あるいは土佐風で、手法には蒔絵の影響も見られ、器形や文様も多くは堂上好みで、その作風には日本趣味の特色が著しい。これは仁清の茶器を愛好したのが、主に宮方や堂上貴顕であったからだろうと思われます。

 さらに仁清の最大の特色、その本領とも言うべきは、ロクロによる陶技の絶妙なことで、その精巧な薄手の優美な作ぶりは、まことに古今まれなロクロの天才といって良いでしょう。

竜谷窯 平茶碗仁清写「波絵」2